FC2ブログ

ぷににっき

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エスカ-ル・オンの白虎でビックリ

昨日の夜の固定活動はエスカ-ル・オンのギアスフェットByakko連戦でした
白虎佩楯のIL版の蓐収佩楯(じょくしゅうはいだて)がなかなか良い性能なんだそうです

わたしは最初この装備は使わないかなーと思ったので
「いらないよー」と言ったんですが、弓のクリティカルWS装備にいいよーと教えてもらいました

結局、佩楯希望者5人に!
それを見越していたのかメンバーのKさんとCタルさんは
みんなの分までたっぷりトリガーを用意してくれていました
ありがとうございました((つД`)゜


編成は精霊編成でやりました
学が連携出して黒2人が土闇MBで削ります
覚えたばかりのデスを撃ちましたーヽ(*´∀`)ノ

20151002c.jpg

闇属性魔攻アップ装備一切持っていませんが99999ダメージ出ました!
でも聞くところによると、表示は99999だけどそれ以上のダメージが出ているかも?説があるそうです

闇属性魔攻アップの妖蟲の髪飾り+1アルコンリング
アスピルドレインにも効果があるらしいのでやっぱり欲しいですねー

で、さっき2アカくびびをバザー放置するついでに競売見たら髪飾り出品されていたので買いました
高かったですー1400万ギルですー(´;ω;`)


そんなこんなで白虎連戦していたらビックリすることが起きました!!
なんと!

20151002a.jpg

ログは前後しちゃってますが白虎倒した直後に蓐収佩楯がカバンに転がり込んできました
神符の戦利品+の効果みたいです
今までリキッドしかこなかったのでビックリして声出ちゃいましたw


20151002b.jpg

狩人でジシュヌの光輝用に使いたいと思いますヽ(*´∀`)ノ







ここからはFFに関係ないお話です


ジャンガリアンハムスターきなこ♂
9月28日に2歳6ヶ月になりました
人間に換算すると・・・100歳らしい

ヨボヨボおじいちゃん 毛並みも悪いです
走れません、まっすぐ歩けません、すぐ転びます
下半身がちゃんと動きません 生まれつき右手がありません
でも元気です

20151002e.jpg

毎日飼い主が砂浴びさせてます
お餅にきなこまぶしているような気分になります


実は1ヶ月前にきなこのことを書いた夜のことです
飼い主の不注意できなこに大怪我を負わせてしまいました


懺悔と2度と繰り返さないようにと反省を込めてその時のことを書こうと思います

夜22時過ぎ、家族がきなこの様子を見て撫でたりしました
この時にケージの上に蓋の代わりに置いている金網をきちんと置くのを忘れる

その後チンチラ小太郎をケージから出して部屋の中でお散歩させていた
家族はうっかり小太郎から目を離してしまった

小太郎がきなこのケージに入ってきなこを噛んでしまった


わたしは別室にいたんですが今まで聞いたこともないきなこの激しい悲鳴が聞こえて
慌ててきなこの元に行きました


きなこは血まみれになってのたうち回っていました
家族が真っ青な顔で「小太郎が噛んだ!」と言ったのでなにが起きたのか理解しました

きなこを手のひらに乗せて体を調べたら左目の目頭から出血していたので
ティッシュで押さえて止血しました
幸い血はすぐに止まりました


ネットでハムスターの怪我について調べたところ、
人間用のうがい薬を薄めて消毒液のかわりに塗るといいと書いてあったので薄めて綿棒で塗りました
しかし、目頭を噛まれてしまったせいで左の眼球が飛び出してしまいました
きなこは左の瞳を閉じることができなくなっていました


原因は噛んだ小太郎ではなく100%飼い主一家の責任です
ちゃんと蓋をしめていれば、小太郎から目を離さなければこんなことにならなかった
家族のそういういい加減な性格を知っていながら
蓋のことや目を離しちゃだめなことを注意しなかったわたしも悪いです
きなこに申し訳ない気持ちでいっぱいでした


翌日朝、きなこを動物病院に連れていきました
左目は飛び出たままだけど落ち着いて餌も食べるようになっていたので少し安心しました


土曜日ということもあり、病院は予防注射や定期検診の犬猫で混み合っていましたが
受付で噛まれたことを伝えるとすぐに診てもらえました


獣医さん「うーん・・・」
「ちょっとこの目は・・・」
「この子、歩けないくらいぐったりしていますね・・・」と考えこまれていました


噛まれたことだけで普段のきなこのことを話していなかったので
高齢なことと今年に入ってから身体が不自由になってちゃんと歩けないことを伝えたところ

「それなら大丈夫かもしれません」
「傷が原因でぐったりしているんじゃなくてこれが普通なんですね」
「じゃあ治療方法を考えてみましょう」と、なりました


本当は左目を閉じた状態で縫ってしまうのが良いそうですが
それには全身麻酔が必要とのこと
高齢のきなこに全身麻酔はもう無理なので
目が乾燥しないように目薬をさして化膿しないように抗生物質を飲むことになりました
ハムスターは人間に比べると自己治癒力がとても高いそうなので
あとはきなこの力に期待・・・・




↓今日のきなこです 完全に治りました

20151002d.jpg


獣医さん
「この仕事をしていても2歳5ヶ月のジャンガリアンハムスターを診ることは珍しいですよ」
「ゴールデンハムスターやキンクマならそのくらいまで生きる子は多いですが」
「気をつけて大事にしてあげてくださいね」


本当に今後2度とこんなことを繰り返さないように
飼い主一家全員気をつけて大事にしていきます


最後まで読んでくださってありがとうございました
スポンサーサイト

| FF11&ペットの話 | 11:29 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

コメント

蓐収佩楯おめでとうございます。
個人枠で装備品入ってきたことまだないんですよね・・・^^;

きなこさん、ひとまず無事でよかった・・・大事にしてあげて下さいね~。

| lagunal | 2015/10/05 06:03 | URL |

lagunalさん

わたしも装備品が入ってきたことなかったので
とてもとてもびっくりして「うぉおおおお!!」とか声出ちゃいました
深夜なので小さい声でしたけどw

きなこのこと心配してくださってありがとうございます


拍手くれた方もありがとうございました!
今日も元気ですよー

| ぷにに   | 2015/10/05 08:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。